CentOS5.5にRuby1.8.7を入れる


この記事の所要時間: 115

基本的に以下の記事に従って入れる。

TEPS 日々のアレコレ: CentOS 5.5 に Ruby 1.8.7 + Passenger 3.0.0 を導入する

すでにruby-1.8.5が入っていたので削除。上の記事ではruby-libsの削除が指定されていなかったのでこれもいっしょに削除する。

rubygemsのインストール中にエラー発生

CentOS5.4へのRuby1.8.7+Rails2.3.5のインストールメモ – subspace

ruby-1.8.7のインストール開始までに以下のコマンドを実行しておく必要がある。途中でやった場合はrubyのconfigureからやり直さないといけない。

今度はzlibサポートがない

CentOC上にRuby 1.8.6 + Rubygems 1.1.1をインストールする – Post-itみたいな

zlib-develを追加インストールしたら展開したrubyソースまで戻る。

opensslサポートがない

投稿者紹介

株式会社ユニキャスト
私たちは、テクノロジに魅せられた個性あふれるメンバーによって構成された茨城県日立市に本社を構えるベンチャー企業です。
”テクノロジを通して「驚き」と「感動」を創造し、人々の「夢」と「笑顔」を支えます。” の経営理念をモットーに明るい未来を描き、ワクワクする企画提案を続けて参ります。

人気の記事

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP