Windows7にTortoiseGitをインストール


この記事の所要時間: 211

Windows7にTortoiseGitをインストールしてみました。その記録。

msysGitの導入

事前にmsysGitをインストールしておく必要があります。

公式サイト
msysgit – Git for Windows – Google Project Hosting

私は次のものをダウンロードしました。

  • msysGit-fullinstall-1.7.4-preview20110204.exe

インストールが完了するとシェルが立ち上がります。

ここでexitすると正しくインストールされなかったかもしれませんという警告が出ますが、ちゃんとインストール出来ているので、とくに問題はありません。「インストールされました」と答えましょう。

デスクトップにショートカットを作っておくといいかもしれないですね。

TortoiseGitのインストール

いよいよGUIクライアントをインストールします。

公式サイト
tortoisegit – Porting TortoiseSVN to TortoiseGIT – Google Project Hosting

ダウンロードページから次のものをダウンロードします。

  • TortoiseGit-1.6.3.0-64bit.msi

勝手にインストールが進んでいきます。おお、ちゃんとインストールされています。

試しにWordPressをTortoiseGitでバージョン管理してみました

TortoiseHGのノリでCreate repository hereしたら設定がmsysGitのパスの設定が済んでないよって怒られました。

以下のような感じで設定しました。

今度はユーザー情報が登録されていないよって怒られてしまいました。

以下のような感じで設定しました。

これでリポジトリの作成、コミット、ログの確認等ができるようになりました。

でも、とっても重たいです。SVN以上に重たいです。。。

CUIからinit, commitしたら超速だったので、TortoiseGitは将来のバージョンに期待したいと思います。

まとめ

  • 分散SCMをWindows上で使用するには今のところTortoiseHGが一番いいかなと思います。
  • Linux環境であればコマンドライン主体ですので、Gitを使用してみるのもいいかもしれません。githubやRuby on Railsの標準SCMとして採用されているみたいなので勉強してみたいです。

投稿者紹介

株式会社ユニキャスト
私たちは、テクノロジに魅せられた個性あふれるメンバーによって構成された茨城県日立市に本社を構えるベンチャー企業です。
”テクノロジを通して「驚き」と「感動」を創造し、人々の「夢」と「笑顔」を支えます。” の経営理念をモットーに明るい未来を描き、ワクワクする企画提案を続けて参ります。

人気の記事

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP