Emacs LispでHello World


この記事の所要時間: 039

Emacsを開き、*scratch*バッファを開きます。ここでインタラクティブにelispが実行できます。
次のフォームを入力して閉じカッコの後でC-x C-eとタイプします。

Hello World

ミニバッファ出力結果

計算機として使用する

Hello Worldを表示させただけでは芸がないので、ついでに計算もさせてみます。

大体予想はつくと思いますが評価結果はこんな感じに・・・。

投稿者紹介

株式会社ユニキャスト
私たちは、テクノロジに魅せられた個性あふれるメンバーによって構成された茨城県日立市に本社を構えるベンチャー企業です。
”テクノロジを通して「驚き」と「感動」を創造し、人々の「夢」と「笑顔」を支えます。” の経営理念をモットーに明るい未来を描き、ワクワクする企画提案を続けて参ります。

人気の記事

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP