CentOSでの固定IP(静的IP)の設定


この記事の所要時間: 122

CentOS 5.6 にて確認。

ネットワークアダプタの設定

ここでは eth0 を指定している。

ゲートウェイの設定を記入

ネットワーク再起動

DNSの設定

ネットワークを再起動した後に、プライマリ、セカンダリともに Google Public DNS を指定する。
Googleの無料パブリックDNSサービス「Google Public DNS」を使ってネットのアクセス速度を上昇させる方法 – GIGAZINE

ネットワークの再起動をかける前に resolve.conf を編集してしまうと、ネットワーク再起動時に dhclient が勝手に

とかいって上書きしてしまいます。DHCP(dhclient)使用時に/etc/resolv.confを書き換えない設定 — server-memo.net 参照。

ping が通るかテスト

ping が通るか確認してみましょう。

OKです。

参考

[Linux]CentOSで手動で固定IPアドレスの設定を行う | QUALL – blog
とても参考になりました。ありがとうございました。

投稿者紹介

株式会社ユニキャスト
私たちは、テクノロジに魅せられた個性あふれるメンバーによって構成された茨城県日立市に本社を構えるベンチャー企業です。
”テクノロジを通して「驚き」と「感動」を創造し、人々の「夢」と「笑顔」を支えます。” の経営理念をモットーに明るい未来を描き、ワクワクする企画提案を続けて参ります。

人気の記事

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP