公開鍵認証方式によるログイン(RSA, ssh-keygen を使うバージョン)


この記事の所要時間: 131

OpenSSHの設定は済んでいるものと仮定。

鍵ペアの作成

鍵のタイプには RSA と DSA が存在しますが、今更 DSA を使うメリットはないので RSA を使用します。

ディレクトリのパーミッションが自分以外アクセスできないようになっている (700) ことを確かめる。

ごにょごにょ。

何とかして id_rsa(秘密鍵)を WinSCP などでクライアント側に持ってくる。
詳細は書くと長くなるので省略。

秘密鍵のフォーマット変換

puttygen を使ってPoderosa 用の秘密鍵と WinSCP用の秘密鍵にそれぞれ変換する。

Poderosa用の秘密鍵に変換

  1. [Conversions] -> [Import key]
  2. id_rsa を選択してパスフレーズを入力
  3. [Conversions] -> [Export ssh.com key](拡張子は *.bin とかでいい)

WinSCP用の秘密鍵

  1. [Conversions] -> [Import key]
  2. id_rsa を選択してパスフレーズを入力
  3. [Actions] セクションの [Save private key] を選択して保存(拡張子は *.ppk とかでいい)

参考

投稿者紹介

株式会社ユニキャスト
私たちは、テクノロジに魅せられた個性あふれるメンバーによって構成された茨城県日立市に本社を構えるベンチャー企業です。
”テクノロジを通して「驚き」と「感動」を創造し、人々の「夢」と「笑顔」を支えます。” の経営理念をモットーに明るい未来を描き、ワクワクする企画提案を続けて参ります。

人気の記事

コメント

  1. […] 先に公開鍵認証方式をセットアップしておきます。 公開鍵認証方式によるログイン(RSA, ssh-keygen を使うバージョン) | 記録用手帳 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP