よーし、パパ CentOS 6.0 で EPEL リポジトリ使えるようにしちゃうぞー


この記事の所要時間: 17

CentOS 6.0 では RPMforge 使えないので EPEL リポジトリを使う。

2011/10/15 15:40 訂正
いつの間にか CentOS6.0 版の RPMforge も使えるようになったみたい。なんでだろう、いつ使えるようになったんだろう?
Repoforge(RPMForge) 基本リポジトリで提供されていないパッケージのyumインストール – [yum/Linux [Red Hatなど]] ぺんたん info
僕はここ rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.x86_64.rpm から取って来ました。アーキテクチャが 32 ビットの人は i686 バージョンを取ってくるといいかも。

EPEL – FedoraProject

デフォルトで使用しないよう enabled を 0 に設定。

こんな感じで使う。

参考

CentOS の yum から EPEL リポジトリを使える様にする – snbhsmt_log

投稿者紹介

株式会社ユニキャスト
私たちは、テクノロジに魅せられた個性あふれるメンバーによって構成された茨城県日立市に本社を構えるベンチャー企業です。
”テクノロジを通して「驚き」と「感動」を創造し、人々の「夢」と「笑顔」を支えます。” の経営理念をモットーに明るい未来を描き、ワクワクする企画提案を続けて参ります。

人気の記事

コメント

  1. […] よーし、パパ CentOS 6.0 で EPEL リポジトリ使えるようにしちゃうぞー | ユニキャストラボ […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP