GPartedを使ってNTFSパーティションのサイズを変更する


この記事の所要時間: 18

WindowsXP単体じゃ何もできないですけど、GPartedを使うとNTFSパーティションのサイズ変更ができるようです。
便利な時代になりましたね。

まず適当なUSBメモリを用意します。
以下のページからGPartedのzipファイルをダウンロードします。

GParted — Download

USBメモリがFにマウントされているとします。
ダウンロードしたzipを展開したものをF直下に全部持ってきます。

おもむろに管理者権限でコマンドプロンプトを立ち上げます。
以下のコマンドをタイプします。

これでUSBメモリのブートセクタにlinuxのブートレコードが書き込まれました。
あとはパーティションサイズを変更したいマシンにUSBを差して、起動してあとは流れるままに進めていけば完了です。
(USBメモリを優先的にブートするように順序を変更しておくのを忘れずに)

Debianが立ち上がった。

参考

GPartedのLive USBを作成するには - @IT
フリーソフトでNTFSパーティションをリサイズする方法 – ぴょぴょぴょ? – Linuxとかプログラミングの覚え書き –

投稿者紹介

株式会社ユニキャスト
私たちは、テクノロジに魅せられた個性あふれるメンバーによって構成された茨城県日立市に本社を構えるベンチャー企業です。
”テクノロジを通して「驚き」と「感動」を創造し、人々の「夢」と「笑顔」を支えます。” の経営理念をモットーに明るい未来を描き、ワクワクする企画提案を続けて参ります。

人気の記事

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP