仮想マシンをクローン(コピー)した後にすぐにネットにつながるようにする


この記事の所要時間: 113
VMWareやKVMで仮想マシンをコピーするとNICのMACアドレスが変わってしまって起動時にeth0がeth1に認識されてしまいそのままだとネットワークにつながりません。
今までudevルールファイルを手動で空にして、MACアドレスの行削除して、再起動して・・・ってやっていたのですが、これは仕事柄仮想マシンをいくつもコピーすることが多く、何回もやるのは大変なのでいい加減簡単なシェルスクリプトにしました。
このコマンドを1行コピペするだけでネットにつながるようになります。
要DHCP環境。
最後にちゃっかりrebootコマンドが入ってるので動作をよく確認してから実行してください。

sed -i -e /HWADDR/d -e /UUID/d -e /IPADDR/d -e /NETMASK/d -e /GATEWAY/d -e 's/static/dhcp/g' /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 && \
sed -i s/host1/client/g /etc/sysconfig/network && \
echo "" > /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules && \
reboot

投稿者紹介

株式会社ユニキャスト
私たちは、テクノロジに魅せられた個性あふれるメンバーによって構成された茨城県日立市に本社を構えるベンチャー企業です。
”テクノロジを通して「驚き」と「感動」を創造し、人々の「夢」と「笑顔」を支えます。” の経営理念をモットーに明るい未来を描き、ワクワクする企画提案を続けて参ります。

人気の記事

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP