AutomaticRubyとChatWorkを連携させる


この記事の所要時間: 043
IPAの重要なセキュリティ情報の新着をChatWorkに流したかったので、AutomaticRubyChatWorkプラグインを書いてみました。

これを使って以下のようなレシピを書きます。

フィードの内容をそのままChatWorkに流すと何の話なのかわからなくなるので、別途FilterFormatプラグインを用意して、これでフィードの title 要素を加工して出力しています。

さらにこれを crontab に追加して1時間毎に更新を確認するようにします。

あとは勝手にチャットに投稿してくれます。

スクリーンショット_121713_085706_PM

AutomaticRubyとChatWorkの連携は想像以上に簡単で便利なので、みなさんも便利プラグインをどんどん開発するといいと思います!

投稿者紹介

齊藤 潤
サーバ運用もできるプログラマと化した、2013年入社の元新人エンジニアです。

人気の記事

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP