NRPEでNagiosPluginsのMySQLチェックスクリプトを導入する


この記事の所要時間: 159

検証環境はCentOS 5.6です。NagiosプラグインであるNRPEを監視対象サーバーにインストールし、MySQLサーバーの監視を行おうとしました。
参考サイトの手順通り進められ、CPU負荷、空きメモリ領域等は正しく取得できたのですが、MySQLの監視結果は以下のようになってしまいました。

監視対象サーバーを調べてみると、どうやらMySQL監視プログラムが存在しないようです。

(よくよく確認したら参考サイトにyum -y install mysql-develするように書いてありました)

おかしいなーと思い、コンパイルを行ったディレクトリをあさってみましたがそれらしいバイナリがなさそうです。

仕切り直してもう一度configureを走らせます。

--with-mysqlオプションがnoになっているのを発見。

configureの中身を調べてみます。

mysql_configのパスを指定せよとあります。

だめでした。configureの結果をmysqlで絞り込んでみます。

MySQLクライアントのライブラリをインストールするように書いてありました。
MySQLクライアント開発用ヘッダをインストールします。

今度はconfigureもうまく通って、make install後にちゃんとcheck_mysqlのバイナリがインストールされました。

参考

リモートホストサービス監視(Nagios+nrpe) – CentOSで自宅サーバー構築

投稿者紹介

株式会社ユニキャスト
私たちは、テクノロジに魅せられた個性あふれるメンバーによって構成された茨城県日立市に本社を構えるベンチャー企業です。
”テクノロジを通して「驚き」と「感動」を創造し、人々の「夢」と「笑顔」を支えます。” の経営理念をモットーに明るい未来を描き、ワクワクする企画提案を続けて参ります。

人気の記事

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP