CentOS 6.0 に chkrootkit をインストールする

Pocket
LINEで送る

この記事の所要時間: 148

CentOS 6 になって RPMforge リポジトリがどこにあるのかよくわからなくなったので、しかたなく chkrootkit を手動でコンパイルしようとしたらこんなエラーが。

# make sense
gcc -DHAVE_LASTLOG_H -o chklastlog chklastlog.c
gcc -DHAVE_LASTLOG_H -o chkwtmp chkwtmp.c
chkwtmp.c: In function ‘main’:
chkwtmp.c:95: 警告: incompatible implicit declaration of built-in function ‘exit’
gcc -DHAVE_LASTLOG_H   -D_FILE_OFFSET_BITS=64 -o ifpromisc ifpromisc.c
gcc  -o chkproc chkproc.c
gcc  -o chkdirs chkdirs.c
gcc  -o check_wtmpx check_wtmpx.c
gcc -static  -o strings-static strings.c
/usr/bin/ld: cannot find -lc
collect2: ld はステータス 1 で終了しました
make: *** [strings-static] エラー 1

Chkrootkit “make sense” problem

によると glibc の静的ライブラリバージョンがないから最後にリンケージエラーが発生しているらしい。

# yum search libc
...
glibc-static.x86_64 : C library static libraries for -static linking.
...

どうも glibc-static パッケージ入れればいけそうな感じ。

# yum -y install glibc-static

で再度トライ。

# make sense

OK。EPELリポジトリ使ってもいけるのかな。

投稿者紹介

株式会社ユニキャスト
私たちは、テクノロジに魅せられた個性あふれるメンバーによって構成された茨城県日立市に本社を構えるベンチャー企業です。
”テクノロジを通して「驚き」と「感動」を創造し、人々の「夢」と「笑顔」を支えます。” の経営理念をモットーに明るい未来を描き、ワクワクする企画提案を続けて参ります。

人気の記事

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。