nginxにおいて、読み込んだcss等の静的コンテンツが適用されない場合の解決策


この記事の所要時間: 12

タイトルがどうしても長くなってしまう。。。

nginxでリバースプロキシを構成し、バックエンドでunicornやthinを動かす構成を取っていましたが、なぜかassets(CSS, JavaScript)が上手く読み込まれません。確認すると、取得できているんだけどなー。

と思ってしばらく格闘していると、MIMEタイプに関するエラーが発生していることが分かりました。

cap1

ポートを指定して直接バックエンドのサーバにアクセスすると読み込めていることから、nginxが適当なMIMEタイプを返しているのだとと推測。調査すると、ある設定が抜けていました。

httpコンテキストにおいて、以下のようにmime.typesを設定すればよさそうです。

>||
http {
include mime.types;
upstream backend {
||< これで解決しました。nginxにおけるサーバ運用のノウハウも、しっかり得ていきたいものです。 *参考 [http://heartbeats.jp/hbblog/2012/02/nginx03.html:title]

投稿者紹介

箕輪 優一
株式会社ユニキャスト 執行役員 大学在学中より勤務し、2012年4月より現職。 「エンジニアの魂を持ったビジネスマンであること」をモットーとして、日々奮闘しています。 / はてなプロフィール - http://www.hatena.ne.jp/yminowa/ / 個人ブログ - http://blog.mino3.com/

人気の記事

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP