LinuxでTrueCryptを使う

Pocket
LINEで送る

この記事の所要時間: 213

機密性の高いデータを安全に暗号化できます。
USBメモリとかはまるっとこれで必ず暗号化します。
ここではLinuxでTrueCryptを使いたいときのメモです。
Ubuntu12.04でやりました。

インストール

まずは本家からバイナリを落としてきます。
基本的にYesでOK。

[bash]
tar xvzf truecrypt-7.1a-linux-x64.tar.gz
chmod +x truecrypt-7.1a-setup-x64
./truecrypt-7.1a-setup-x64
[/bash]

基本操作

今回は予めボリュームファイル、パーティション、ドライブが作成してあることを前提とします。
ボリューム作成方法の記事はたくさんあるのでそちらを見たほうが賢明です。

マウント

ここでポイントなのは `–fs-options=”utf8″` を指定しないと文字が化けまくりますということです。
Dropbox+TrueCryptの合わせ技をかましている場合はこの問題に直面します。

[bash]
truecrypt –fs-options="utf8" ~/Dropbox/dropbox_container ~/vault_mnt/
[/bash]

アンマウント

[bash]
truecrypt -d ~/Dropbox/dropbox_container
[/bash]

参考サイト

本家

今回のトピックに関連するもの

TrueCryptを始めて使う人はこちら

Dropbox+TrueCryptの合わせ技

投稿者紹介

株式会社ユニキャスト
私たちは、テクノロジに魅せられた個性あふれるメンバーによって構成された茨城県日立市に本社を構えるベンチャー企業です。 ”テクノロジを通して「驚き」と「感動」を創造し、人々の「夢」と「笑顔」を支えます。” の経営理念をモットーに明るい未来を描き、ワクワクする企画提案を続けて参ります。

人気の記事

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。